交通事故治療

交通事故について

軽い事故だからといって、そのまま放っておくと慢性的な症状の原因になってしまいます。
特に首のむち打ちや骨格の歪みなどは判断が難しいものが多く、手足の痺れや吐き気なども事故から時間が経過してからあらわれるケースも少なくありません。

また病院ではレントゲンなど大きな外傷に繋がる検査しかしない事がほとんどです。 事故後に病院に行かれて安心していても時間経過と共に症状が悪化してしまいます。 特に慢性的な症状(むち打ちや腰痛)などは病院での治療を打ち切られるケースもございます。
放っておけば良いと考えずに、身体に違和感を感じたらお早めにご相談ください。 早期回復のためには早期の施術が重要です。

自賠責保険の適用について

交通事故で外傷の施術を行う場合に自賠責保険が適用できます。 自賠責保険が適用できる場合は「交通費」「通院費」が無料となります。
事故後は何かと不安になる事もあるかと思います。 わからない事など親身になって対応しますのでお気軽にご相談ください。

自賠責保険を適用するために

STEP1警察へ通報

必ず警察へ連絡してください。 警察に仲介してもらい相手の連絡先や保険会社の情報を教えてもらいます。

STEP2病院で診察

どんな小さな事故であっても事故後は必ず病院での診察を受け診断書を作ってもらいます。 事故直後は症状がなくても数日後に症状が表面化する事もございます。

STEP3保険会社に連絡

当院で治療をする事を保険会社へ連絡してもらいます。 当院の電話番号、住所を保険会社へお伝えください。 保険会社から当院への連絡が入り、自賠責保険を適用できるようになります。

STEP4治療終了

治療が終了しましたら保険会社へ連絡します。 保険会社から示談内容書というものが届きますので必ず確認してください。 示談内容書に納得しましたらサインをして保険会社へ返送していただきます。

PAGE TOP